シカゴ P.D.

次の放送日時: 1月3日 (火)

次回の放送

音声
1月3日 (火)
境界線
字幕 HD
シーズン 1
第 1 話
1月3日 (火)
奪還
字幕 HD
シーズン 1
第 2 話

あらすじ

第1話 「境界線」

シカゴ警察21分署で特捜班のリーダーとなったボイト。
現在、彼が担当しているのは、子供3人を死に至らしめた薬物ディーラーの逮捕だ。事件解決のためなら違法捜査も厭わないボイトを、署長のペリーは完全には信頼しておらず、監視の目を光らせ、ことあるごとにプレッシャーをかけてくる。そして凶悪犯罪課の警部補ベルデンもボイトを敵視しており、共同捜査とは名ばかりで、特捜班には情報を流さないでいた。
そんな中、ボイトはディーラーの名前を聞き出すことに成功し、特捜班のメンバーと共にアパート捜索に向かう。だが、そこで発見したのは頭部を切り落とされたディーラー、レブの死体だった。クローゼットの物音に気付いた特捜班刑事のジュールズがドアを開けると、中には怯えながら手をあげる少年がいた。

少年の名はディアンソニー。一人で生きるため、ギャング団のメンバーになったのだった。アントニオらが取り調べを進めると、彼がクローゼットに隠れている間、レブが3人の男たちに襲われ、その一人を「プルポ」と呼んでいたことが分かる。
プルポは5年前、事件の重要証人2人を殺しながら無罪放免になったコロンビアとアメリカの二重国籍を持つ男だった。プルポの追跡を開始したボイトは、情報屋モリースからレヴの運び屋だったクープの名前を聞き出すが、クープもまた斬首遺体で発見される。
捜査が後手に回り焦りを感じるボイトに、ディアンソニーから連絡が入る。今の生活から足を洗いたいと願うディアンソニーの協力により、ボイトはプルポの次のターゲットを突き止め、その潜伏先に向かうが・・・。

このドラマを見るならAXN 今ならお得に加入!