ジャン=ジャック・ベネックス、空白の16年を明かす「1本は日本でつくりたい」【第29回東京国際映画祭】

n0087265-main
『青い夢の女』(2000)以来実に16年、長編劇映画からドキュメンタリー映画のプロデューサーや監督にシフトし、長らく日本での劇場公開作のないフランスの巨匠ジャン=ジャック・ベネックス監督が第29回東京国際映画祭の審査委員長として来日。
授賞式の朝には箱根に赴き、富士山が見えたエピソードをうれしそうに語るベネックス - 撮影:丹澤祥太  『青い夢の女』(2000)以来実に16年、長編劇映画からドキュメンタリー映画のプロデューサーや監督にシフトし、長らく日本での劇場公開作のないフランスの巨匠ジャン...続きを読む

ドラマニュースランキング