黒人DCヒーロー「ブラック・ライトニング」ドラマ化企画!

n0085798-main

 テレビドラマ「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」などDCドラマを手掛けているグレッグ・バーランティが新たなDCドラマの製作に着手しているとDeadlineが報じている。

 ドラマ化される予定なのは、1977年にDCコミックスに登場した黒人スーパーヒーロー、ブラック・ライトニング。ヒーロー業を引退し、教師をしているジェファーソン・ピアースだが、学校の優等生が地元のギャングに引っ張り込まれ、娘が正義を追求し続けることがきっかけで、伝説のヴィジランテ、ブラック・ライトニングとして再び戦うことになるそう。

 コミックスではジェファーソンには2人の娘がおり、アニッサ・ピアースがサンダー、ジェニファー・ピアースがライトニングという名前で父親の後を継いでスーパーヒーローとなっている。新ドラマの紹介では娘が単数形になっているため、設定が変えられているようだ。

 脚本は映画『スパークル』のサリム・アキルとマーラ・ブロック・アキル夫妻が手掛けるとのこと。放送局はまだ決まっていないため、CW局で放送されているほかのDCドラマとは違う局になる可能性もあるようだ。(澤田理沙)

[シネマトゥデイ ニュース]

【関連ニュース】

ドラマニュースランキング