ブッシュ政権の核心に迫る…ロブ・ライナー新作で豪華共演が実現

n0085523-main

 映画『ニューイヤーズ・イブ』『スマイル、アゲイン』のジェシカ・ビールが、『アメリカン・プレジデント』や『最高の人生の見つけ方』などのロブ・ライナー監督の新作『ショック・アンド・オー(原題) / Shock and Awe』に出演することになったとDeadline.comが報じた。

 本作は、大量破壊兵器の捜索を理由にイラク戦争とサダム・フセインの拘束を敢行したブッシュ政権の核心に迫ろうとしたジャーナリストたちを描く映画。

 メインのジャーナリストたちを演じるのは、『グランド・イリュージョン』のウディ・ハレルソン、『メン・イン・ブラック』のトミー・リー・ジョーンズ、『きみに読む物語』のジェームズ・マースデンら。ビールが演じるのは、マースデンの役柄と恋仲になる女性とのこと。そのほか、テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」のリチャード・シフへの出演交渉も進んでいる。撮影は9月より開始予定。

 ビールは、映画『鉄くず拾いの物語』のダニス・タノヴィッチ監督、クライヴ・オーウェンと共演の『インビジブル(原題) / Invisible』が現在製作準備中だ。(鯨岡孝子)

[シネマトゥデイ ニュース]

【関連ニュース】

ドラマニュースランキング