『博士と彼女のセオリー』脚本家、第2次大戦中のチャーチル元首相の映画を企画

main_1495
 今年のアカデミー賞で作品賞を含めた5部門にノミネートされている話題の映画『博士と彼女のセオリー』の脚本家兼製作者アンソニー・マクカーテンが、第2次世界大戦中の元英国首相ウィンストン・チャーチルを題材にした映画『ダーケスト・アワー(原題) / Darkest Hour』を企画していることがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。
 本作は、アンソニー・マクカーテンと、映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』のエリック・フェルナー、ティム・ビーヴァンの製作会社ワーキング・タイトルが、2015年がチャーチル元首相の没後50年であることを記念して企画している作品。
そのストーリーは、第2次世界大戦初期、ナチスドイツに攻撃されて彼らの支配下になる可能性のある中で、英国軍とフランス軍がフランスのダンケルクで孤立するが、イギリス海軍中将バートラム・ラムゼイの作戦をチャーチル首相が命じて、英仏両軍を救出した歴史上で知られる“ダイナモ作戦”を描くようだ。
 今のところ、企画されていること以外は、キャストも監督も決定していないが、撮影は2016年に開始する予定だ。
(細木信宏/Nobuhiro Hosoki) 【関連ニュース】 【動画】アカデミー賞の大本命!『博士と彼女のセオリー』予告編 『トップガン』続編の脚本家決定!監督の自殺から本格的再起動 コリン・ファースが『博士と彼女のセオリー』の監督とタッグ!

ドラマニュースランキング