カンヌ映画祭 ギャスパー・ウリエルが夭折の美青年を演じる注目の2本

20160602-getty_532768458
2001年に映画『ジョヴォーダンの獣』デビューを飾って以来15年。
『ハンニバル・ライジング』から9年。
20歳にしてフランスの俳優に撮って最高の賞、セザール賞を受賞。
フランスが誇る繊細で麗しい容貌の若手男優といったらギャスパー・ウリエル。
一昨年『イヴ・サンローラン』で体当たりの演技が話題を呼んだ彼の新作がカンヌで2本プレミアとなった。
1本はコンペに選ばれたカナダのグザヴィエ・ドラン監督の新作。
『It’s only the End of The World』。
ここで彼が演じるのは主役のルイだ。
...続きを読む

ドラマニュースランキング